移民はなぜ嫌われる2

米・メキシコ国境越えて移民流れ込む、米当局が69人逮捕
https://www.cnn.co.jp/usa/35129259.html?fbclid=IwAR1tRvHLUoHvKQNkWVU1i6ER35KkjZqI23xIrtaN8vSFva1Su5LtaERT7AM

言葉は悪いが、映像を見ると映画ワールド・ウォー・Zみたいだ。

個人の欲望を剥き出しにした者達が集団になり法律を無視する。これで弱者なのか?メキシコとアメリカの法律を無視して不法入国。この様な者達は個人の利益追求だから現地政権無視。

アメリカ社会を破壊するのは間違いない。

移民が目的ならば正式に入国すれば良い。アメリカの手続きを無視するから嫌われる。

日本も他人事ではない。安易に外国人労働者を受け入れたら同じことになる。技能実習生と聞こえは良いが、中身は安い労働力。悪く言えば奴隷。日本で働きたい外国人は、技能実習生として入国して別の仕事を得るはず。その方が利益になるからだ。

日本人の労働力不足は嘘だ。何故なら派遣社員・契約社員は何故存在するのか?

派遣社員・契約社員がいるなら雇用のミスマッチではない。職業は適合しているが、企業側が安い労働力を求めているだけ。企業が外国人労働者を求めるのは、日本人の派遣社員・契約社員よりも安い労働力を求めているだけ。

日本は外国人労働者を求めるよりも日本人を雇う方向にすべき。

法人税・所得税・相続税を廃止するのが良いだろう。

企業の商品のコストには法人税が含まれている。企業はコスト削減をしたが限界。そこで人件費を削り派遣社員・契約社員で対応した。ならば法人税を廃止すれば企業を助けることができる。

法人税が廃止されたら企業は商品を安く売れる。しかも品質の割に良い商品になるから、外国製品よりも売りやすくなる。しかも外国に輸出する時も同じ。

所得税は国民に働くな!と言うようなもの。相続税は国民に死ね!と言うようなもの。

所得税・相続税が廃止されたら国民は安心して貯蓄できる。安心は買い物欲になるから消費を拡大できる。税金が多くなれば企業はコスト削減に走り社員の給料は増えない。社員は不安だから商品を買わない。

この悪循環を排除するのが政治家の仕事。野党はこれぐらい言えなければ仕事をしていない。

今の日本は外国人労働者を受け入れることではない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック