戦争学研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 経済制裁連合とレッドチーム

<<   作成日時 : 2018/08/10 06:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タイトル:経済制裁連合とレッドチーム
氏名 上岡 龍次

■トランプ大統領による経済制裁
トランプ大統領はアメリカファーストを突き進んでいる。世界から批判されてもトランプ大統領はスピードを落とさない。どこの国も本音では自国優先だが、公には建前で世界協調を口にする。

だから世界はトランプ大統領を批判しきれない。トランプ大統領はアメリカファーストだが、経済制裁をする国は第三次世界大戦の敵を暗示する傾向になっている。

■経済制裁をしている国
トランプ大統領が経済制裁をしている国は、主にロシア・中国・イラン・北朝鮮。これらの国に共通しているのは大陸国家であり反米国。アメリカは海洋国家だから、これらの国とは対立関係になる。

大陸国家にも海洋国家と仲が良い国も在るが、ロシア・中国・イラン・北朝鮮などは海洋国家と対立する傾向が強い。むしろ海洋国家と仲が良い歴史が無く、常に海洋国家と対立している。

■経済制裁で困ったら
イランはアメリカの経済制裁で苦しむが対応策は有る。それは同じ経済制裁を受けている国と連合すること。ロシア・中国・イラン・北朝鮮は経済制裁で外国との貿易が困難。だがロシア・中国・イラン・北朝鮮が経済圏を作れば、経済制裁とは無縁になる。

経済制裁を受けている国同士の貿易ならば世界経済とは無関係。アメリカと貿易できなくなっても、ロシア・中国・イラン・北朝鮮同士で貿易すれば良い。市場規模は縮小するが、自国だけで生きるよりは活路は有る。

■これは計画されたのか
ロシア・中国・イラン・北朝鮮が経済圏を作ればトランプ大統領の経済制裁に対応可能。同時に第三次世界大戦を予期するレッドチームでもある。これをトランプ大統領が計画的に行っているかは不明。

基本的に経済制裁は一国に限定するのが基本。なぜなら複数の国を同時に経済制裁すれば、連合して経済圏を作るからだ。これでは経済制裁の効力が低下する。

経済制裁は表向きで、アメリカの敵を狙って追い詰めている可能性も有る。そうなればトランプ大統領は、ロシア・中国・イラン・北朝鮮と戦争を計画していることになる。

■経済制裁連合の問題点
ロシア・中国・イラン・北朝鮮は経済圏を作ることで対応できる。だが市場規模が限定されるので、長期的には国民の不満が発生する。商品の価格は下がったとしても、品質が満足できなければ不満が出る。

一度日本や欧米の高品質に触れると、買う立場になれば低品質では満足できない。食料は安くなったとしても安全性に問題が有れば不満が出る。食べると危険ならば、結果的に安全な食料を求めて食料価格は高騰する。

■経済制裁の抜け穴
経済制裁をしても密貿易で対応可能。これが現実で、経済制裁を受けた隣接国は必ず密貿易で利益を得る。表向きは経済制裁に参加しても、完全に密貿易を阻止することはできない。なぜなら需要が有れば密貿易で供給できるから。

現実的に広い国境を完全に管理することは不可能で、役人を買収しなくても密貿易は可能。しかもロシア・中国・イラン・北朝鮮の内陸側をアメリカは管理できない。ならば密貿易は容易に行える。

こうなれば日本や欧米の製品は価格が高騰する。だから第三国を経由するから密貿易で利益を得る者が増加するはず。経済制裁を受けていない第三国へ輸出しても、第三国が密貿易で利益を得るだけ。

■仮想通貨による対応
ロシア・中国・イラン・北朝鮮が経済制裁を受けて連合すると、仮想通貨を用いた決済・送金が増加する可能性が有る。アメリカが仮想通貨を規制しても、迂回路の多いネットを完全に遮断できない。

ならば仮想通貨は密貿易には必要な存在。決済・送金が早い仮想通貨を用いて取引するから、この様な仮想通貨が高騰するかもしれない。

■日本の対応
ロシア・中国・イラン・北朝鮮が経済圏を作れば第三次世界大戦の予兆。日本は対岸の火事ではなく、嫌でも巻き込まれる戦争になる。ロシア・中国・イラン・北朝鮮が仮想通貨で密貿易すれば日本も対応を迫られる。

仮想通貨を規制すれば無関係の欧米も巻き込んでしまう。なぜなら仮想通貨に多くの民間企業が出資しているからだ。そなれば日本政府は苦しい舵取りになるだろう。


Viewpoint:プロフィールページ
https://vpoint.jp/author/ueokaryuuji

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
経済制裁連合とレッドチーム 戦争学研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる