敵基地攻撃の条件を知らない政治家と自衛隊の苦労

「敵基地攻撃の条件を知らない政治家と自衛隊の苦労」
氏名 上岡 龍次

■敵基地攻撃能力を持つのは良いが
日本も敵基地攻撃能力を持つことが議論されても、政治家は国際基準を無視している。だから与党も野党も国際基準から外れた議論をしている。与党と野党で議論がかみ合わないだけではなく、国際基準を知らないから迷走する。

政治家が国会で議論しても、政治家が担当を知らなければ泣くのは自衛隊。国防方針と国防線を選ぶのは政治家。政治家が理解しなければ、自衛隊が責任を押し付けられる。

■専守防衛は政治家が選んだ
日本の国防方針は専守防衛で選んだのは政治家。自衛隊は政治家が選んだ国防方針に従い装備を選び部隊を配置する。政治家が選んだ専守防衛は本土決戦で、最初から国民を戦争の惨禍に巻き込むことを前提としている。

自衛隊は専守防衛が本土決戦だと知っていても、政治家が国防方針として選んだから従うだけ。なぜなら軍政と軍令に区分されているから。

軍政:宣戦布告・停戦・休戦・国軍に戦争の政治目的を付与する。
軍令:軍隊の組織と運用は経験則に従い原則として自由。

軍政:法の枠内の話。
軍令:憲法・法律などの法外の話。

政治家が国防方針を選び戦場を設定する。自衛隊は軍令の範囲内で想定される戦場に必要な装備を購入する。そして必要な訓練と運用を行う。

■日本の国防方針は世界の非常識
日本の政治家が選ぶ国防方針は世界の非常識。世界を見ると国防方針を本土決戦である専守防衛にする国は日本だけ。専守防衛は最初から国民を戦争の惨禍に巻き込むから国防の失敗。

日本の政治家は率先して国民を戦争の惨禍に巻き込むことを前提としている。これで泣くのは自衛隊。敵軍が自国まで侵攻するまで戦えない。敵軍が国民を殺すまで戦えない。政治家が自衛隊を檻の中に入れておいて、国を守れと命令する。

国家が行う防衛力整備の区分
基本型  :戦闘ドクトリンに基づいて整備
脅威対抗型:脅威に対抗するように整備
装飾型  :独立国家の体裁を整えるように整備(軍事大国の属国として存続)

日本の政治家が選んだ区分は装飾型。中国の脅威が高まって脅威対応型に変更した。日本の専守防衛は装飾型で生まれ、今になって脅威対応型に変更している。これで政治家として仕事をしているようにパフォーマンスをしている。これは与党と野党で共通。

■国防方針を知らない政治家
自衛隊が敵基地攻撃能力を持つのは良いことだ。だが専守防衛と敵基地攻撃能力は国防方針が一致していない。これは政治家が脅威対応型で思考している証。真に国防方針を理解していれば、国防線を大陸の海岸線に置いている。

仮想敵国の侵攻基地は大陸の海岸線に置かれている。ならば専守防衛では国防線が一致しない。専守防衛を止めて国防線を大陸の海岸線に置けば、自衛隊は必要な装備購入と訓練が行える。

図:国防方針

与党も野党も敵基地攻撃能力と国防線の一致を知らない。だから自衛隊は政治家に振り回されている。離島に地対艦ミサイルを配置しても、それは本土決戦を強制されるだけ。

■先制攻撃の条件を知らない政治家
自衛隊が敵基地攻撃能力を持っても無意味。なぜなら軍政権を持つ政治家が発動条件を知らないから。これでは自衛隊は国防が行えないし、敵軍が日本に侵攻するまで戦えない。自衛隊が敵基地攻撃を行えるのは、敵軍に国土を攻撃されてから。この場合は国民が死ぬことを意味する。

今の自衛隊は、敵軍に国土を攻撃され国民が殺されてから敵基地を攻撃できるだけ。これでは国防として失敗であり、政治家の無理解が原因。

先制攻撃の区分
攻勢攻撃(Offensive Attack):国際社会で否定される
敵国の国防線を踏み破って奇襲攻撃を仕掛ける。

防勢攻撃(Defensive Attack):国際社会で肯定される
自国の国防線の中で脅威国が戦争準備した段階で先制攻撃する。

国際社会では防勢攻撃としての先制攻撃は肯定されている。なぜなら敵国が侵攻してからの反撃では国防の失敗。ならば戦争準備段階で先制攻撃することは正当になっている。そうでなければ国防できないから。

どこの国も自国が不利になるようなことはしない。だから先制攻撃でも否定されるものと肯定されるものが有る。国境付近に戦力を2万人以上集めると警戒され、4万人以上からは先制攻撃の条件が得られる。これが国際社会。

■日本の政治家は国際社会の基準で議論しろ
簡単に言えば、仮想敵国が国境付近に2万人以上の戦力を集めれば警戒しろ。国境付近に4万人以上の戦力を集めれば先制攻撃しても国際社会は肯定する。

日本が先制攻撃する前に、強国であるアメリカの支持を得ておけば良い。国際社会の平和は強国に都合がいいルールだから、強国の許可と支持が得られれば先制攻撃は正義になる。これが国際社会の抜け穴を利用した策。

白人世界はこの策を使いながら戦争している。日本も白人世界の常套手段を使って対応すれば良い。それなら白人世界は日本に文句を言えない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック