「日本の専守防衛は世界の非常識」

「日本の専守防衛は世界の非常識」
氏名 上岡 龍次

■専守防衛は世界の非常識
専守防衛は平和国家の証と思うのは大間違い。国際社会を見れば、専守防衛を選んでいるのは日本だけ。他の国は国境の外で戦争することを選んでいます。その理由は国土を守り国民の生命を守るため。

日本では間違った認識が定着しているので、専守防衛が正しいと思い込んでいる。ですが現実には、専守防衛では国民を守ることはできません。

■世界の常識
世界の常識では軍隊が戦う戦場を分けています。これは可能な限り国土と国民の生命を守るための区分です。

戦域の区分
国土戦域:国家主権として主張できる地域
前方戦域:領域線と国防線の間の緩衝地帯
覇権戦域:国防線よりさらに前方で覇権を争う地域

国土戦域は国家主権を主張する国境の内側です。これは国土を戦場にするので、敗北寸前の状態です。前方戦域は国境の外で戦争する緩衝地帯。世界の常識では、国境の外に設定した緩衝地帯で戦争します。

覇権戦域は一部の強国が採用する戦域です。今ならばアメリカが覇権を争うので、南シナ海とインド洋が該当します。

■日本の専守防衛は本土決戦
戦後日本では専守防衛を賛美しました。戦争を放棄する平和国家としての方針です。ですが平和は相手国次第で変わります。日本が平和を選んでも、日本に戦争を売り付けると平和は得られません。

相手国が日本に侵攻すると平和は終わるので、相手国のことを見なければなりません。今の専守防衛では国土戦域が日本の戦場。これは日本国民が最初から戦場で生活していることを意味します。

専守防衛は日本国民を戦争の惨禍に巻き込むことを前提とした国防方針。世界では専守防衛など選ばないのに、日本だけが非常識な国防方針を選んでいます。

■日本の戦場は国境の外
国民を戦争の惨禍から守りたければ、前方戦域を戦場に設定することです、日本の戦場が国境の外に置かれるので、国民を戦争に巻き込むことが回避できます。

日本の前方戦域は大陸の海岸から国境線。これが日本の緩衝地帯であり想定される戦場です。それに仮想敵国が日本に侵攻しない限り日本も戦いません。これなら日本は無駄な戦争はしません。

大陸の海岸線に日本侵攻の部隊が集結すれば危険信号。日本は前方戦域の空と海で戦闘するから、国民を巻き込む本土決戦にはなりません。これが本来のあるべき姿なのです。

■日本の国防方針
日本の国防方針を簡単に説明します。

国防方針   :領土・領海・領空を戦場にしない(戦場は国境から国防線の緩衝地帯)
海洋国家の戦場:大陸の港の背中(海岸から内陸まで200kmが侵攻限界)

日本は海洋国家だから、国境の外から大陸の海岸線で戦争します。しかも日本が海洋国家と認識すれば、大陸の海岸線までが戦場です。経験則では海洋国家な大陸の内陸200kmまでが侵攻限界になっています。

これは経験則ですが、これを知っていれば日本は無意味に戦域を拡大することは無いのです。戦前の日本は地政学を知りませんでした。だから日本の戦域を知らず無意味に戦場を拡大しています。

今の日本は地政学を理解し、日本は海洋国家と認識することから始まります。すると日本の戦場を把握し、無駄なことをしないのです。

日本は国民を戦争に巻き込む専守防衛を止めて、世界の常識である前方戦域を戦場にすべき。そうしなければ本土決戦で国民を苦しめるのです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック