他力本願では拉致被害者は戻らない

タイトル「他力本願では拉致被害者は戻らない」

■全ての戦争を悪とした日本の悲劇
北朝鮮による日本人拉致が明らかになっても、日本は拉致被害者救出作戦を行っていない。話し合いで拉致被害者を救出すると言うが、それは絵に描いた餅。相手は日本の都合など無視するから、話し合いは相手も話し合いで解決する時に有効。相手が話し合いを無視するならば、日本が話し合いを求めても無意味になる。

日本は第二次世界大戦で敗北してから反戦病に侵されている。症状は重症で、全ての戦争を悪と認識している。これで自国民救出を目的とした戦争すら放棄し、無意味な話し合いを延々と続けている。

■戦争にも善と悪が有る
国家の戦争目的は複数有る。

A:主権を護る
B:覇権を争う
C:利権を争う
D:主義・宗教を争う
E:国内権力を争う
F:植民地争奪
G:略奪

植民地争奪戦争と略奪は歴史から消えたが、他の戦争は今も健在。何故なら、戦争にも善と悪が有ると区別される。国家が国民に人権を与えるから、国家が消滅すれば国民は無人権になる。国家は国民を無人権にしないために戦争する。だから主権を護る戦争は良い戦争として国際社会では認識されています。

独立戦争は主権を国内で奪うか、国内に新たな主権を認めさせる戦争。この戦争は新たに人権を生み出すから、全ての戦争を否定すれば人権を否定する行為になる。だから人権を護る戦争は良い戦争。

■他力本願の日本
戦争を否定する者は善人と見なされ、自国民救出すら話し合いで解決する者が多い。だが全ての拉致被害者は帰国できていない。自国民救出すら外国に依存する他力本願では、国際社会は動かない。国際社会は建前で協力を口にするが本音は自国第一。外国人のために自国の軍人に血を流させることは無い。これが国際社会の現実。

日本が拉致被害者を救出したければ、政府が自衛隊に救出命令を出せば良い。それだけで各国は日本を支援し、軍隊を派遣して日本を支援する国も出る。他力本願では日本に利用されると警戒するが、日本が自ら動くなら人命救助に参加する。それだけのこと。

■幻想を捨てよ
拉致被害者救出が話し合いで解決する幻想を捨てよ。拉致被害者を日本に帰国させるのは北朝鮮の都合。北朝鮮の都合を変えるのは、軍事力を背景にした外交しか選択肢は無い。話し合いは拉致被害が明らかになって数年ならば可能。しかし話し合いで解決できないならば戦争で解決するのが国際社会。何故なら戦争は政治の延長であり戦争も政治。

国際社会では先に戦争を始めた国が悪にされる。これは今の平和を否定する行為だから。国際社会には抜け穴が有り、自国民救出を目的とした戦争は肯定される。そうしなければ自国の国民を護れない。だから全ての戦争は悪ではない。日本政府は拉致被害者救出を目的とした戦争を選択肢に入れるべきだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック