中国の農業問題と日本の対応

「中国の農業問題と日本の対応」

■遅れる農業の近代化
中国は20世紀末から急速な近代化に成功したが、政治システムそのものは近代化に対応することができていない。農業から重工業に移行すると、農業生産者の数が減少する。農業生産者の不足を機械化で補わない限り、中国の政治システムは完全な近代化にはならない。

■食料輸入と外国の生産に依存する中国
中国の国土であれば食料生産の大半を自国で得られる。本来の中国は食糧を外国から輸入する必要性は低い。輸入する食料は外国でしか生産できないものに限定できる。だが今の中国は農業の近代化が遅れており、自国生産だけでは国民の食糧が不足する。その結果、中国は食糧輸入に依存する国になっている。

中国は外国から食料を輸入するだけではなく、外国の土地を買い自国向けの食糧生産まで行っている。この場合は外国に土地を買われるので、土地の占領と言う認識になる。だから現地人から警戒され、本来は実行すべきではない策。

■日本の悪しき前例
日本は1929年に発生した世界恐慌に巻き込まれた。当時の日本は世界に先駆けて世界恐慌から抜け出せた。この原因は、日本政府が農業を軽視した重工業へ移行したから。当時の日本政府府は農業を機械化することなく、生産者を重工業に移動させた。日本の生産力と競争力は見た目では上がったので、世界恐慌から抜け出せている。

しかし欧米各国が1930年代からブロック経済を採用すると、農業を軽視した見せかけの脱出から問題が噴出する。日本はブロック経済から締め出されると、海外貿易も食糧輸入も困難になった。当時の日本政府は国民を食わせることが困難になり、移民と称した棄民を行うまで落ちぶれた。

■中国の南シナ海とインド洋
中国は海外貿易が遮断されると食糧輸入が途絶える。そうなれば国民を食わせることができないので、南シナ海とインド洋を確保して海外貿易を守ろうとしている。だが世界経済がブロック経済を採用すると、中国は食糧不足に陥ることになる。さらに世界規模で食糧不足に陥ると、中国が輸入する食料も減少する。

だから中国が南シナ海とインド洋を確保しても、ブロック経済と気候変動に中国の政治が翻弄されることになる。そのため中国の政治の弱点は、工業製品の輸出ではなく食料輸入。

■平時しか使えない食料政策
中国は日本の土地を買っているが、日本で食糧を生産し中国へ輸出しても平時しか使えない。仮に中国と日本が戦争になれば、日本国内の中国資産は凍結される。仮に凍結されなくても、中国と日本の貿易は遮断される。

中国はヨーロッパでも土地を買っているが、中国の海軍では中国からヨーロッパまでの海外貿易を守ることはできない。今の中国は南シナ海とインド洋に基地を置いただけで、インド洋からヨーロッパまで守ることはできない。これはアメリカ海軍が地中海を管制すれば、中国のヨーロッパからの食糧輸入が遮断されることを意味している。

中国の隣国から食料を輸入することはできるが、この様な場合は価格が高騰するのが常。さらに反中国の国は食糧を売らない。このため中国は、平時でしか使えない食料政策をしている。

■日本の経済戦略
日本は食糧自給率が低く輸入に依存する国。だが高品質の食糧を中国にも輸出している。日本は庶民向けの食糧を輸入し、金持ち向けを輸出している。ならば日本は、中国に金持ちだけではなく庶民向けの食糧を売る市場を開拓来ることを意味している。

日本の農業は機械化しており、日本国内では消費が低下している米などを中国に売ることが可能。食料は戦略兵器であり、輸出先の国の生存権を握ることが可能。だからアメリカは食糧を重視している。

日本もアメリカに習い、中国に食糧を売り付けて生存権を握ることを行うべき。中国が日本からの食糧輸入に依存する様になると、中国は日本との対立を躊躇する様になる。日本は国内の休耕田の活用と魚の養殖を拡大させ、食料生産力を上げるべきだ。




食料輸入大国への警鐘 (全集 世界の食料世界の農村)
農山漁村文化協会
堀口 健治

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 食料輸入大国への警鐘 (全集 世界の食料世界の農村) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック