トランプ大統領の失敗になるかも

アメリカがシリアを空爆すれば?
アメリカは北朝鮮とシリアで二正面作戦を実行することになる。これはアメリカから中国とロシアに仕掛けた二正面作戦の強要の可能性が有る。だが今の条件では、失敗すればアメリカが一気に不利になる。それでもシリアで動くのは大胆かカンで動いている。

シリア空爆は北朝鮮への恫喝か?
その可能性は有ります。ですがシリアを攻撃しない場合は、みせしめや恫喝の意味は無い。これでは北朝鮮が強気に出る場合が有る。シリアを攻撃するなら効果は出るが、しなければアメリカの立場が悪くなるだけ。

シリア空爆は実行前提ならば北朝鮮にも効果は出るが、シリア空爆が回避可能ならば作戦として破綻している。何故なら、一部の失敗が全体の失敗に拡大するから。この失敗の典型が第一次世界大戦のドイツの作戦計画。ドイツ軍の作戦計画は大胆だが、一部の失敗が全体へ影響した。これは第一次世界大戦の塹壕戦に至った原因の一つ。

トランプ大統領は中国とロシアに二正面作戦の強要を試みたが、軍人からアドバイスを受けていないかも。基本は各個撃破だが、理屈で生きる者は敵を纏めて撃破することを好む。

ナポレオンは天才だが、各個撃破の基本で戦った。天才は常に基本を使う。ハッタリやカンで動くなら勝ち負けが激しい。

トランプ大統領がシリア空爆を回避すれば、トランプ大統領の評価は下がり北朝鮮は交渉で強気に出る。トランプ大統領がビジネス視点で動いたのであれば、北朝鮮を喜ばせるだけ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック