トルコとシリアの戦争の予兆3

トランプ氏、米軍「シリアから出る」 早期撤退に言及
https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E6%B0%8F%E3%80%81%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E3%80%8C%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%8B%E3%82%89%E5%87%BA%E3%82%8B%E3%80%8D-%E6%97%A9%E6%9C%9F%E6%92%A4%E9%80%80%E3%81%AB%E8%A8%80%E5%8F%8A/ar-AAviK0B

アメリカ軍がシリアから撤退すれば、シリアの反体制派を見捨てることになる。シリア国内のイスラム国掃討はシリア軍に任せ、アメリカは戦費節約が行える。アサド政権軍・ロシア軍は反体制派をトルコ国境に位置するイドリブ県に移送しているので、これから予想される包囲戦も容易になった。

アサド政権軍・ロシア軍はイドリブ県で対テロ戦を再開し、イドリブ県からトルコに反体制派を追い出す計画だと思われる。アサド政権軍・ロシア軍に追われた反体制派は、トルコに逃げ込むことになる。対テロ作戦には国境が無く、隣国でも軍隊を進出できる。実際にトルコが対テロ戦を名目に隣国シリアに進出しています。

アサド政権軍・ロシア軍も同じことをトルコにするから、トルコ国境付近はシリアとトルコの戦争に発展する可能性が高い。

アメリカがシリアから手を引けば覇権の縮小です。アメリカの覇権が引けば別の覇権が拡大するのが世の常。ロシアの覇権が拡大しますが、これでアメリカは政治的な自由を得ています。

アサド政権軍・ロシア軍が対テロ戦を名目トルコに侵攻したら、トルコとの戦争が想定されます。この時にアメリカが反体制派を支援していたら、アメリカは双方から敵視されて自由が得られません。ですがアメリカがシリアから手を引けば、シリアと戦争するトルコを背後から支援できるのです。

アメリカ・トルコ対シリア・ロシア

この様にアメリカとロシアは、間接的に戦争ができるようになるのです。アメリカはシリアで戦費を使ったので、今度はトルコを政治的に支援してロシアと間接的な戦争をすることになると思われます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック