核兵器のシェアリングと北朝鮮

ニュークリア・シェアリング
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

核兵器のシェアリングは以前から行われており、公ではアメリカのみ核兵器をシェアリングしています。核兵器のシェアリングでは、自国で管理運用する必要はありません。日本でもアメリカと核兵器をシェアリングし、核兵器はアメリカ領土で運用することも可能です。

北朝鮮ならばどうするか?

アメリカは朝鮮半島の非核化を望んでいるから、中国と北朝鮮で核兵器のシェアリングをすることで対応可能です。北朝鮮が核兵器をシェアリングすれば、北朝鮮の運用部隊を中国に展開すれば良いだけのこと。

北朝鮮がこれまで蓄積した技術と運用部隊を中国と共同運用すれば、中国としても資金面で節約になります。北朝鮮は核開発施設や部隊を中国に移動させるだけで、アメリカが望む朝鮮半島の非核化を結果的に実現できます。

アメリカが行っている核兵器のシェアリングを、「北朝鮮も採用してはいけない」との条件は含まれていません。アメリカが核兵器のシェアリングを行うなら、中国・ロシアも行う可能性も有るのです。

アメリカ型ニュークリア・シェアリングは、共有する国に持ち込まれます。ですが、中国か北朝鮮が新たなニュークリア・シェアリングを思いついたら?

それは核保有国で核弾頭をシェアする運用。これならトランプ大統領と米朝首脳会談で北朝鮮が非核化に応じても、北朝鮮はリビアの様に攻撃されることは回避できます。

これは私の推論ですが、北朝鮮は別の策を使うかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック