トルコとシリアの戦争の予兆2

画像


東グータ地区は陥落寸前。アサド政権軍は東グータの80%を制圧した段階で、反体制派組織をイドリブ県に避難させることに合意しています。包囲殲滅できるのに、逃がす目的は?

イドリブ県はトルコ国境に隣接しており、しかもトルコが対テロ戦を名目に越境攻撃をしているアフリンと隣接しています。

アサド政権軍・ロシア軍が東グータの反政府組織を意図的にイドリブ県に逃がしたとしたら?

アサド政権軍・ロシア軍は、イドリブ県で対テロ戦を再開します。アサド政権軍・ロシア軍は反政府組織を追い詰めて、意図的にトルコ領内に逃げるように仕向けるはずです。反政府組織がトルコ領内に逃げ込んだら、アサド政権軍・ロシア軍は対テロ戦を名目にトルコへ越境攻撃が可能になります。

国際社会には抜け穴が有り、対テロ戦を名目にすれば隣国でも正規軍を投入できます。アメリカは多用しており、トルコも対テロ戦を名目にシリアへ越境攻撃しています。

アサド政権軍・ロシア軍がイドリブからトルコ領内に侵攻したら、アフリンを越境攻撃するトルコ軍の背後を突くことが可能になります。シリアがトルコの越境攻撃に耐えているのは、この罠を仕掛けるためかもしれません。

トルコが対テロ戦を名目に越境攻撃をするなら、シリアも対テロ戦を名目に越境攻撃を行えます。こうなれば、対テロ戦を名目にシリア軍とトルコ軍が戦闘を行う可能性が高くなります。

つまり、シリアとトルコの国家間の戦争です。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦術と指揮―命令の与え方・集団の動かし方 (PHP文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック