トランプ大統領とプーチン大統領の化かしあい

「核兵器は実戦兵器から抑止兵器になり、今日では交渉兵器になった。従って核抑止力の信憑性よりも曖昧性の方がより安定と抑制に効果がある」
(ブレジンスキー論文/トレンズ第一号)

核兵器の使命は『脅迫されないこと=国家の尊厳と威信を守ること』
松村劭 陸将補

**********************************

トランプ大統領が核戦略を転換すると、プーチン大統領も核戦力増強を表明しました。実際にどこまで実行されるか不明ですが、核兵器は政治用の道具です。だから相手国から脅されない様にするための恫喝にしか使えません。

アメリカが核兵器でロシアを脅すなら、ロシアも核兵器でアメリカを脅すのです。これは脅し文句で相手を引かせる策です。引いたら負けだから、双方は引くことはできません。

アメリカとロシアは核保有国であり、防御として核の傘を同盟国に提供しています。ですが、核の傘は実際には使われません。核の傘は政治用の恫喝が目的です。だから飾りなのです。

それに核保有国は、同盟国の戦争で核兵器など使えません。何故なら、同盟国の戦争に巻き込まれて核兵器を撃ち込まれたくないからです。自国が第一だから、アメリカとロシアは同盟国を守る戦争で核兵器など使いません。

同盟国は代理戦争の駒だから、自国が駒の戦争に巻き込まれない様にします。今後のアメリカとロシアは、同盟国を煽てて代理戦争をしますよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック