戦争学研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 東ダーク陥落寸前と攻勢準備

<<   作成日時 : 2018/03/14 09:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東グータ、負傷者の退避開始=反体制派とロシア合意―シリアhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000143-jij-m_est

東ダークで重傷者の避難が始まりました。現段階では女子供が最優先されており、アサド政権・ロシアは表向き人道的配慮で動いています。しかも国連が仲介しているから、アメリカが仄めかす空爆対策としても機能します。

アメリカ・国連は30日間の停戦を求めていますが、アサド政権・ロシアは認めていません。だから折衷案としての負傷者避難です。

何故負傷者を避難させるのか?

アサド政権軍・ロシア軍は、最後の攻勢を仕掛けるからです。攻勢を行うにしても準備が必要なので、負傷者を避難させる時間を利用して再編成と補給を進めています。攻勢準備を隠す目的と、人道に配慮していることをアピールできます。

アメリカが空爆を仄めかしているから、アサド政権・ロシアとしては、短時間で東ダークを陥落した方が都合が良いのです。ならばアサド政権軍・ロシア軍が攻撃を再開すると、東ダークは猛攻を受けて数日で陥落するかもしれません。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦術と指揮―命令の与え方・集団の動かし方 (PHP文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東ダーク陥落寸前と攻勢準備 戦争学研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる